ホーム > エリアマネジメントの取組

エリアマネジメントの取組

エリアマネジメントの取り組み①

色彩

「色彩緑花」とは当社が定める造語であり、企業・行政・商店等の参加型で、花を通じて各施設同士をつなげ、他の地域資源との結びつきを深め、エリア全体で街づくりを推進していくことを目標としています。
本取り組みは、2016年度より指定管理事業に参画したことを受け、「草薙総合運動場」内の記念像周辺に花壇づくりをスタートしたことをきっかけに、「掛川S-PLAZA」をはじめ、これまで、商業施設や公園、店先、企業の事務所出入口など様々な場所に「色彩緑花」の活動を行ってきました。
「掛川S-PLAZA」では、緑地帯を年々花壇へと増やしてくことで、四季折々の花が咲いている“おもてなしのSC”として、来店者から好評の声をいただくと同時に、花苗の植替え作業を、出店スタッフの皆さまにお手伝いいただき、その活動が評価され、静岡県が取組む『ふじのくに花の都しずおか』の花緑コンクールの、企業が取り組む活動の部門に於いて、2017年・2018年に優秀賞、2019年には最優秀賞を受賞しました。また同年、最優秀賞を受賞したことを受け、県の代表として全国大会に推薦いただき、「花のまちづくり奨励賞」を受賞しました。

草薙総合運動場 草薙総合運動場 掛川S-PLAZA 掛川S-PLAZA
ふじのくに花の都しずおか

「ふじのくに花の都しずおか」とは、静岡県は多彩で高品質な花の全国屈指の生産県であり、一年を通して花を楽しめる名所や花に関わる人材も豊富です。こうした潜在的な「場の力」を最大限に活用し、新たな花の需要の創出や生産の振興を図り、暮らしの様々な場面で花と緑があふれるふじのくに「花の都しずおか」を実現していく県の取り組みです。

エリアマネジメントの取り組み②

駿府ホリノテラス

駿府の歴史をつなぎ、駿府のまちをつなぎ、
駿府の人をつなぐ。

本空間は静岡市の「にぎわい空間創出事業」により水辺の張出デッキと歩道空間の拡張工事が行われ誕生しました。
整備後は、都市再生推進法人である「御伝鷹(みてた)まちづくり株式会社」が事業主体者となり、当社は協働運営者として「民間主体の空間活用」を実施しております。

当社は、本事業の事業計画をはじめ、事業コンセプト、施設ネーミング、ロゴマークの作成から、事業コンセプトに基づく、カフェ機能の整備やテナント誘致、レンタルスペースの活用提案など、事業提案から開業後の運営業務に至るまで総合マネジメント業務を行っています。小さなハコから、様々な仕掛けを行い、訪れた人々が自ら情報発信したくなるような空間を目指していくと同時に、「駿府ホリノテラス」が駿府城公園エリアへの誘引機能を担うべく、「家康がいた証」を国内外に発信し、現代の“駿府の街”の発展に寄与する空間の実現を目指してまいります。

事業コンセプト

① カフェ機能
常設店舗を設置することで人々の「滞留性」を生む。
② 観光案内機能
提案型観光案内機能を設けることで駿府城公園への「誘引性」を高める。
③ シェアサイクル機能
他の事業者との連携を深め駿府城公園エリア周辺の「回遊性」を向上させる。
④ 地域連携機能
近隣住民の皆さまとの連携を深め「シビックプライド」を育み、地域コミュニティの活性化を図る。

施設概要

施設名称/駿府ホリノテラス
所在地/静岡市葵区追手町10番12号〜9番15号地先(市道:追手町音羽町線)
開業/2021年3月

静鉄プロパティマネジメント株式会社
開発事業部

お問合せ先054-266-7016

ページ上部へ